葬儀のあと遺影額は自宅に飾られます
岡崎市で相続について相談するなら
http://ito-js.com/
相続の面倒と不安を解消し、家族の幸せと相続の次段階を考えたご提案をします。
イトー司法書士事務所(岡崎市)

素敵な遺影を

葬儀は突然やってきますので、遺影額は急いで準備することになります。

時間的に余裕がないことから見つかった写真の中で選ばれる遺影用の写真ですが、 葬儀が終わった後にいい写真が見つかって、しまったとなることも多いです。 準備をしていなければ慌てて作ることになり、ちょっとくらいは不満があっても こんな遺影写真でも仕方がないかな、となってしまいます。

続きを見る

自然な遺影写真

気取りすぎず、なによりも本人らしい自然な遺影写真に。

遺影写真は葬式のときだけものではありません。 葬儀に使われる遺影は年配者や地域によっては、昔からの紋付や礼服でなければ ならないと考える方もまだまだいらっしゃいます。

続きを見る

人生の総括「終活」

残された家族の負担を減らすために。

終活とは「人生の終わりのための活動」の略であり、人間が人生の最期を迎えるにあたって行うべきことを総括したことを意味する言葉(Wikipediaより)です。 葬儀の段取りや相続手続きなどを生前に本人が済ませておくことです。 また、ある司法書士事務所ではオリジナルのエンディングノートというものを提案しています。 これは、自分がどのように人生の終焉を迎えたいかを記しておくノートで、遺族はエンディングノートを参考にして、故人の希望する葬儀や埋葬を行うのです。
終活として遺影額や骨壺などの葬儀用品も通販などで準備しておくことも可能ですよ。

遺影額選び

黒色以外の遺影額もよく使われるようになってきました。

遺影額は黒色でなければいけないと考えている方が多いようですが、 そのようなことは全くありません。 写真に合わせ、洋服と同じような感覚で選べば良いのです。 男性なら男性らしく、女性なら女性らしい遺影額といったように、故人に合った デザインの額縁を選びましょう。

続きを見る

豊田市・刈谷市で相続でお悩みなら
相続が発生する前の相続生前対策を支援いたします。
一般社団法人 相続対策支援センター
フリーダイヤル:0120-613-098
http://souzokushien.jp/

自分で遺影を作る

遺影によく使われる印画紙サイズと遺影額について。

自分で遺影を印刷するのも、最近のレタッチソフトは印画紙の大きさや紙の大きさも 全て自動で入っていますのでそれほど難しくはないでしょう。 紙サイズを選択して画素数を入れるだけです。 紙サイズのカードサイズというのはクレジットカードと同じサイズで、 財布や名刺入れに入れるならばこのサイズがよいでしょう。

続きを見る