葬儀の後遺影額は自宅に飾られます

素敵な遺影を

葬儀は突然やってきますので、遺影額は急いで準備することになります。

時間的に余裕がないことから見つかった写真の中で選ばれる遺影用の写真ですが、 葬儀が終わった後にいい写真が見つかって、しまったとなることも多いです。 準備をしていなければ慌てて作ることになり、ちょっとくらいは不満があっても こんな遺影写真でも仕方がないかな、となってしまいます。 元となる写真と時間さえあれば、人物の背景を消したり衣服を着せ替えたりと 画像を加工をすることで少しでもいい写真へと近づけることは可能ですが、 それなりの技術がなければ遺影額の販売と画像の加工をしているプロに依頼することになります。 良い遺影を限られた時間内に仕上げて葬儀会場へ間に合わせるのは、 自分で作るにしても依頼するにしても時間的な余裕は必要になります。 遺影額に入れられる写真は少しでも綺麗に仕上げたいと誰もが思っているでしょう。 大切なのは写真の中の人物を生かすことで、遺影写真に生命感を与えることです。 大切な家族の遺影だからこそ、穏やかな表情の顔をいつも見られるよう、 本人らしく優しい自然な遺影写真を作りましょう。 葬儀が終わった後も家に飾られて、家族をずっと見守ってくれることになります。 そう考えると葬儀に使われる遺影はともかく、自宅に置かれる遺影写真は 威厳のある顔などではなく、笑顔が一番でしょう。 楽しかった想い出を写真を見ればいつでも思い出せるような、その方らしい 自然で素敵な遺影を飾りたいものです。 遺影の写真といっても背景を消すだけでは自然な肖像にはなりません。 他の方の遺影も参考にし、うまくいかないところはプロの方にも手伝ってもらって 思いのこもった遺影を作りましょう。