葬儀の後遺影額は自宅に飾られます

自然な遺影写真

気取りすぎず、なによりも本人らしい自然な遺影写真に。

遺影写真は葬式のときだけのものではありません。 葬儀に使われる遺影は年配者や地域によっては、昔からの紋付や礼服でなければならないと考える方もまだまだいらっしゃいます。 しかし葬儀の後は自宅に戻り家族と一緒に過ごされることになりますので、 笑顔で本人らしい服装で、家に居たときと同じようリラックスされた姿の方が 残された家族にとってはいい事でしょう。 遺影額の中の姿を見て、楽しかったことや辛かったことなど思い出が蘇るとき、 その笑顔の写真を見て笑顔で返す事が亡くなられた方への供養にもなります。 ですがスナップ写真をそのまま遺影にして葬儀に使うわけにはいきませんので、 影になっている部分や顔にかかっている余計な物、ふさわしくない背景など、 部分的に修正することになります。 遺影は背景によっても印象がずいぶん変わります。 ですが何も手を加えずに背景を消すだけでは自然な肖像にはなりません。 シワのひとつひとつにも豊かな表情の意味があります。 いらないシワ、いらないシミなどは当然修正することになりますが、 本人の特徴となっている部分、人生の年輪の部分と老いの象徴の部分それぞれを 区別して自然な表情のままさりげなく修正をすることになります。 いらない物は消してしまい、印象を決める微笑みや目力を加えるのです。 むすっとした表情であれば、口元に笑みを加える事で印象も違った物になります。 そのような修正はあくまでもさりげなく、元となった写真と比べてみないと 気づかないくらいの細かな修正にとどめましょう。